BLOG

COLUMN

コラム

現役美容師が語る、パーマとカラーの同時施術の真実7選

「真島 卓也」が書いたコラム一覧はこちら

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

美容室に行って、イメチェンするとき、

パーマとカラーが一緒にできたらいいですよね。

何度も美容室に行くのも手間だし、

一度にできたら楽ですよね。

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

でもそんなとき、パーマとカラーって一緒にしても大丈夫なのかな??
本当は期間を空けた方がいいのかな??

と、いろいろな疑問が湧いてきますよね。

SUPRAMでは、カット、パーマ専門のデザイナーと、カラー専門のカラーリストが在籍しています。

そんなプロフェッショナルたちが

我々の知識を駆使して、

そんな疑問を今回はいろいろと解決していきたいと思います。

1.パーマとカラーをする際に順番ってあるの??

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー
あります!
パーマとカラーを同じ日にしてしまうと、ダメージや、髪への負担が心配。。
という方も多いと思います。

でも実はダメージだけが問題ではないのです。実は「薬事法」という日本の法律によって、パーマとカラーの同日施術は禁止されているのです!

パーマや、カラーで使用する薬剤のほとんどが、「医薬部外品」であり、この医薬部外品を組み合わせて使用することは禁止されています。

そのため、パーマとカラーは時間をあけて行った方がよいと言えます。

2.パーマとカラーが髪に与える影響

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

パーマとカラーはそれぞれの施術で、髪にダメージを与えています。

髪の形、髪の色を変化させるには強い化学反応がおきているため、当然同時に行うとその分ダメージが大きくなるのです。

髪の毛はもともと弱酸性なのですが、パーマや、カラーで使用する薬剤はアルカリ性の薬剤です。それを使用することにより、髪はアルカリ性に傾き、キューティクルが開いて髪の毛の中の栄養分なども落ちやすくなります。

パーマ、カラー単体だけならまだしも、同時に施術するということはそれだけ髪の毛への負担も大きくなるのです。

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

3.パーマとカラー、日にちをあける際はどちらが先??

基本的に3日〜7日の期間を空けて施術を受けましょう。

また、パーマ、カラーの施術を行う場合は、「パーマ」から行う方が好ましいです。

先にカラーをしてしまうと、パーマをかけた時に、薬剤の反応によって色落ちしてしまうためです。

パーマを先にして、カラーをする場合は色落ちの心配もありませんし、それでパーマがとれてしまうこともありません。

基本的に3日〜7日の期間を空けて施術をうけましょう。また、パーマ、カラーの施術を行う場合は、
「パーマ」から行う方が好ましいです。

先にカラーをしてしまうと、パーマをかけた時に、薬剤の反応によって色落ちしてしまうためです。

パーマを先にして、カラーをする場合は色落ちの心配もありませんし、それでパーマがとれてしまうこともありません。

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

4.でも同じ日にパーマとカラーもしたい!

という方!

遠方こら足を運んでくださるお客様や、当日時間のない方もいますよね。

そういう方も絶対ダメなのか??
もいうと実はそうでもありません。

パーマ剤には、先程の「医薬部外品」の他に、
「化粧品」に分類されているパーマ剤もあり、こちらを使用する場合はカラーと同日に施術することが可能なのです。

デジタルパーマや、縮毛矯正も同様に、
「化粧品」に定められている薬剤もありますので、一度サロンに問い合わせてみるのも良いと思います。

5.パーマ、カラー後のヘアケア

パーマや、カラー、あるいは両方を施術した日の夜はシャンプーしないことをオススメします。パーマや、カラーの薬剤は24時間かけて ゆっくりと髪の内部へ定着していきます。

その日のうちにシャンプーしてしまうことによって、キューティクルが開き、髪内部の薬剤が流れでていってしまうのです。

それにより、パーマだとすぐにカールがだれてしまったり、カラーではせっかくのかわいい色が落ちてしまうのです。そのため、施術当日はシャンプーを控えて、次の日以降をオススメしています。

また、ダメージを受けた髪は、通常よりも乾燥している状態です

ので、ドライヤーの当て過ぎや、生乾きにも注意が必要です。

施術後一週間は、トリートメントなどを使用して、髪をいたわってあげましょう。

あとは、洗い流さないトリートメントなどを使用して、乾燥を防ぐことも大切です。

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー

6.パーマ、カラーにかかる時間は??

パーマや、カラーは基本的に薬剤を使用する技術になるので、ある程度時間がかかります。

それぞれどのくらいの時間がかかるのかみてみましょう。

◾︎パーマの場合

パーマにはいくつか種類があり、

一般的なコールドパーマ、熱を利用するデジタルパーマなどがあります。

コールドパーマの場合は、

《シャンプー》→《ワインディング》→

《1液塗布》→《放置時間》→《中間水洗》→《2液塗布》→《お流し》→《スタイリング》とおおまかな流れになります。

トータルで、1時間半程の時間を要します。

デジタルパーマの場合は、途中で温める工程がプラスされるので、通常の工程にプラス20分〜30分程です。

◾︎カラーの場合

カラーは一色染めであれば、《カラー剤塗布》→《放置時間》→《シャンプー》→《スタイリング》になります。

1時間〜1時間半程度です。

ハイライトを入れたり、ブリーチをする場合はもう少し時間がかかります。

なので、パーマとカラーを同時にする場合は時間も多めに見た方がよいです。

どちらかの場合でも、同時にする場合もおおよその目安を担当スタイリストに確認しておきましょう。

7.パーマやカラーをする際に気になる髪の痛みについて

パーマをかける際や、カラーをする際、気になるのは髪への痛み、ダメージですよね。

もちろん両方とも薬剤を使用するので、痛みはゼロではありません。


◾︎
パーマの場合、コールドパーマとデジタルパーマでは使用する薬剤が異なります。

コールドパーマでもいくつかの種類の薬剤があり、お客様の髪の状態や、なりたいイメージに合わせて薬剤を選定しています。


パーマを強くかけたい場合も、

髪の状態によって、薬剤のパワーを抑えて、細めのロッドでかける場合や、薬剤のパワーを強くして、大きめのロッドでかける場合もあり、お客様の髪の状態を第一に考えて、最適な薬剤選定をしています。

人によっては髪の太さや、今までの髪の履歴から、

パーマがかかりやすい、かかりにくいといった場合もあるため、以前そういったことを言われたことがある方は、担当スタイリストにあらかじめ伝えておくとよいでしょう。


◾︎
カラーの場合も同様に、

髪の状態や、ブリーチや黒染めの有無など、今までの履歴によって薬剤を変えています。

また、明るくする場合、暗くする場合でも髪への負担も違います。

明るくする場合は、髪のメラニン色素を壊して色を入れていくため、ある程度強いパワーの薬剤を使用するのに対して、暗くする場合は、メラニン色素をそこまで壊さなくてもよいため、薬剤のパワーも下がる場合があります。


パーマ、カラー、どちらをするにせよ、以前の髪の状態というのは非常に重要な要素になるため、しっかりとカウンセリングさせていただいたのち、施術させていただきます。

☆今までパーマとカラーを同時にするのを諦めていた方に最適な方法を教えます!☆

SUPRAMではカットをするデザイナーとカラーをするカラーリストの分業制をとっております。

そのため、パーマ、カラーそれぞれで担当が異なります。

料金は、

パーマ7000円〜

デジタルパーマ15000円〜

カラー7000円〜

パーマはご希望のヘアスタイルや、

巻くロッドの数、

カラーはご希望のヘアカラーによって多少値段も前後いたします。

施術の際はしっかり料金説明までさせていただきますので、是非ご相談ください。

以前まではデジタルパーマとカラーの相性はあまりよくありませんでしたが、

今は機械や、薬剤の性能があがったことにより、時間も大幅に短縮されました!

通常、デジタルパーマは1剤と2剤を使用するのですが、

パーマとカラーを同時に施術する際、

どうしても2剤をつけたあと、

お流しする必要がありました。

現在ではこのパーマの2剤の役割をカラー剤自体が担ってくれるので、

【ロッドアウト→2剤塗布→流す→ドライ→カラー塗布】

の工程だったのを、

【ロッドアウト→カラー塗布】という工程で終わることができるようになっため、

30分〜1時間程、時間を短縮することが可能になりました。

それにより、お客様の滞在時間も短くなり、満足度も上がっております。

カット+パーマで約2時間、

カット+パーマ+カラーで約3時間弱、

カット+デジタルパーマで約2時間半、

カット+デジタルパーマ+カラーで約3時間〜3時間半が目安となっております。

ご予約される際は是非、時間に余裕をもってお越し下さい!

https://hpsm.jp/samson/?corpstr=samson&get=6a5e647258646c3627351f6362676b5c6957716d5b6f6733707269715e63235d653a6c5b695e5971586362676b236c5e6c6955665d332e2c2f

まとめ

パーマ,カラー,同時施術,パーマカラー
いかがでしたでしょうか??

パーマとカラーも、薬剤によっては同日に施術することも可能です。

ただし、髪の状態や、仕上がりイメージによっては期間をあけた方が髪にはいいので、美容師さんと相談して決めてください。

まず知っておいていただきたいのは、

パーマ、カラーどちらも髪の毛には負担になるということ。

それを踏まえた上で、本当にどちらもやりたいのかを相談してください!

髪の毛のケアも今まで以上に大切になってきますので、こまめにお手入れをしてあげてくださいね!

イメチェンすると気分も上がりますので、
素敵なヘアスタイルを共に作っていきましょう!

今なら新規のお客様限定で、パーマもカラーも20%オフで体験できます!!!

さぁ、イメチェンするなら今です!!

Writen
このコラムを書いた人

真島 卓也

丁寧な接客、細かな気配りを心がけています。
男だからこそ、雑に見えないよう、ひとつひとつの所作にもこだわっています。

ライフスタイル合わせた提案をさせていただいているので、普段コテなどを使う方には家でも再現できるようにしっかり説明させていただきます。
全国でただ一人のアニメヘアリストとしても活躍しています。
アニメや漫画が好きな方!
楽しい時間を提供します!
このスタッフで予約する
  • Twitter
SUPRAM
愛知県名古屋市中区栄3-27-27 052-261-6881